足指のムダ毛処理は大変

これからの季節は素足になることが多いです。夏にサンダルを履きたくなるのは当たり前です。わたしは少し肌寒くてもサンダルを履きたくなるので夏になる前にサンダルを愛用しますが、そうなるとムダ毛が気になります。

 

ムダ毛といってもサンダルを履いて見える部分なので、足の指に生えている長さ1センチくらいのムダ毛のことです。ちょっとしたムダ毛だと思っていてもサンダルを履いていれば一目瞭然の部分なので、放っておくわけにもいきません。

 

それでお風呂タイムを利用してそのムダ毛の処理をおこなうのですが、足の指には神経がたくさんあるので引き抜くと痛いです。一瞬チクッとするだけで済むときもあるけれど、毛抜きの使い方が悪かったり毛根がしっかりしすぎていると一度ではムダ毛を引き抜けず、更に痛い思いをすることになります。

 

こうなるとわたしはもうムダ毛の処理をしたくなくなります。痛いことが大嫌いですし、ムダ毛の処理で痛い思いをすることは我慢ならないからです。そういう日はカミソリで足指のムダ毛を剃ってとりあえずそれで良しにしてしまいます。足指のムダ毛には困らせられることが多いですが、抜いても剃っても生えて食えるのだから仕方がないと思って処理しています。